のぼりとは

現代ののぼりは、平安時代以降から戦国時代にかけて軍旗として使用されていたものが起源になっていると言われており、様々な場所で形を変えながら使用されています。

のぼりの目的

のぼりとは

のぼりとは長い竿に布をくくり付けた大きな旗のことです。

全長の大きなものから小さいものまで様々な大きさがあります。

現代でも様々な場所で使用されているのぼりの起源は平安時代頃だと言われています。

室町時代から戦国時代にかけて、武家や大名同士の争いが活発化し、戦が頻繁に行われていた時代に大きな旗をそれぞれの軍の象徴として用いていました。

戦の混乱中でも間違えることのないように自軍の大将の馬印や旗印を載せた大きな旗を軍旗として掲げることで自軍と敵軍の区別を明確化していました。

この旗が現代ののぼりの起源になっています。

現代ののぼりは主に広告や宣伝や応援等の目的で使用されています。

大相撲会場では力士のしこ名の入ったのぼりが掲げられていることが名物となっています。

選挙活動中には候補者の名をのぼりに載せ、そののぼりの近くで候補者が演説している光景をよく見ることができます。

商店等の店頭に商品名ののぼりを掲げ、宣伝を行っています。

ただし、このように店頭で掲げられているのぼりは街の景観を損ねる恐れや強風等で倒れる危険もあるので、注意が必要です。

以上のように平安時代から使用されているのぼりは現代でも様々な場所で形を変えながら使用されています。

< 関連情報サイト>
中部マーケティング協会

Copyright (C) www.shooptoshape.com. All Rights Reserved.

のぼりの目的